=この道はいつか来た道=

regulus.exblog.jp
ブログトップ
2009年 04月 26日

琴線に触れるカメラたち



c0019115_958421.jpg


c0019115_958242.jpg


c0019115_9583615.jpg


(PENTAX Z-1P / Tamron 28-300mm)


どうも、ここ最近「自分的に琴線に触れるカメラ」を模索している気がしてならない。
ようするに「ウマが合うかどうか」ではある。

現代の「大多数のヒトに便利に造られたカメラ」と違い、昔のカメラは
造り手の感性と、撮り手の感性がマッチしないと使い辛くてしょうがないように感じる。

まぁ現代のデジカメでも操作性なんかはそうかも知れないけど・・・

要するに「撮る気にさせてくれるカメラかどうか」ってことですね。
いや~、そういう意味で銀塩カメラって生き物に近い感覚があります。
[PR]

by nakky85 | 2009-04-26 10:00 | 街の中の大自然 | Trackback
トラックバックURL : https://regulus.exblog.jp/tb/11406771
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< ワビ錆      キヤノネット QL17 >>